近代建築の源流に触れる・・・

昨日の続きです。


양재(ヤンジェ)でカルグクスを食べた後、

バスに乗って向かったのは、

芸術の殿堂 (場所はこちら

P1180621_R

コンサートホールやオペラハウス、美術館等々、数多くの芸術施設が集まっているのですが、、、

今回の目的地は、

ハンガラムデザイン美術館です。

P1180624_R

ここで開催されている、

ル・コルビュジェ展

を見てきました!

20170204_140928_R

ル・コルビュジエって誰?という方も多いかと思いますが・・・

3大近代建築家のうちの一人。


昨年(2016年)、ル・コルビュジエが設計した建築物17件が

ユネスコの世界文化遺産に登録されたのですが、

17件のうちのひとつが東京・上野の国立西洋美術館だったこともあって

話題になったのは覚えている方もいらっしゃるかと思います。


今回は、世界文化遺産登録を記念した展覧会ということのようです。

20170204_140816_R

展覧会のなかでは、カメラはダメですがスマホはOKらしい。

P1180633_R

なんでカメラNGでスマホOKなのか?よくわかりませんが・・・

とりあえずスマホで写真撮影OKらしいので、気兼ね無く撮りました(^^)


まずは、世界遺産になった建築物が紹介されています。

CM170204-130444001_R

フランス・アルゼンチン・インド・日本・スイスの国旗も飾ってあります。

CM170204-130447001_R

国立西洋美術館の写真も展示されていました。

CM170204-132719002_R

屋根がフラットで、1階が吹き抜けになっているのがポイントらしい。。。


つぎのブースからは、彼の一生を作品を通して紹介されていました。

CM170204-131301001_R


0218-1_R

こちらは代表作の「サヴォア邸」

20170204_134724_R

彼が提唱した「近代建築の5原則」が反映された自由な設計になっているのが特徴らしい。。。


代表的ないくつかの建築物を模型で中の構造が分かるように展示されていました。

20170204_133825_R

こういうのを見るの大好き!!面白い^^


最後にはアトリエを再現?した小部屋が展示されていました。。。

20170204_140253_R

解説が全て韓国語だけで、英語すらなかったので

細かい説明がわからなかったのが残念・・・・


建築に興味はあっても、それほど詳しい訳でもない私ではありますが、、、

今では当たり前のようになっている

建築の新しい手法や考え方を作り上げたというのはスゴイことで、

だからこそ、今でも古さを感じさせないデザインになっているんだと

実感したのでした。。。

P1180632_R

3/26まで開催中です。


余談ですが、展覧会後に芸術の殿堂内をブラブラとしていたら、、、、

特設スケート場が開設されていました。

20170204_141633_R

モニタにはオーケストラ、BGMもクラシックが流れていて、

ちょっと他とは違う雰囲気に包まれていました(^^)



ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村

コメント投稿はこちら

Comments 2

There are no comments yet.

cda  

No title

ル・コルビュジェ展に行ってらしたのですね。 面白いですよね。 良い体験ができて羨ましいです。

2017/02/20 (Mon) 15:37

takabone  

No title

cdaさん こんにちは、コメントありがとうございます。 建築家の展覧会というのは初めてでしたが、面白かったです(^^) 興味を持っている人が多いようで、多くの韓国人や外国人で賑わっていました。

2017/02/20 (Mon) 21:44