何故、わさびを大量投入するのか?

今日10月3日の韓国は、開天節(ケチョンジョル)という祝日でお休み。

3連休の最後でしたが、好天に恵まれて穏やかな一日でした。

20161003_180336_R

開天節というのは、

壇君(伝説上の人物)が古朝鮮を建国したことを記念する日

なのだそうです。いわゆる建国記念日ですね。


韓国では振り替え休日が適用されるのは限られた祝日だけ。

昨年は土曜日だったので、普段と変わらない週末になってしまったのですが、

今年は月曜日だったので3連休^^


これから少しずつ寒くなってくるようです。

1006-2_R


さて、日本のニュースを見ていたら・・・

外国人観光客に「わさび」を大量に入れた寿司を提供していた大阪の寿司屋さんが

「わさびテロだ!」とネットで炎上して謝罪した
、というニュースを見かけました。


わさびが苦手な人もいるので、何も言わず寿司に大量のわさびを盛るなんて論外ですね!


このニュースを見て思い出したのは、寿司ではなく刺身。

ここ韓国に限って言うと「刺身でわさびを大量に使う人」が結構いるようです。


会食で刺身屋さんに行くと・・・

20160520_182618_R

こんな感じや、

20160824_185401_R

こんな感じで刺身が出されます。

わさびは?というと・・・

蛍光色っぽい緑色のわさびが出てくることが多いですが、

ちょっと凝ったお店だと日本と同じようなわさびが出てきます。


小皿に醤油を入れて、わさびをつけて頂くのですが・・・・

どういう訳か、周りにいるかなりの人は、

「えっ、そんなに取るの?」というくらい

大量のわさびを取り、醤油に溶かします。

CM160824-194257001a_R

醤油の色よりもわさびの色に近いんですけど(^^;;・・・・

わさびを醤油で溶かした、と言った方がいいくらいの濃さです。

これをつけて刺身を食べたら、どんなことになるのか?

ちょっと想像しただけで鼻が爆発しそうになります!


韓国で刺身を食べる時には、

「わさび醤油」か「コチュジャン」のどちらかをつけて食べるので、

多分、わさびをコチュジャンと同じ感覚で使っているのでしょうが・・・


唐辛子の辛さとは違う辛さのはずなのに、

みなさん、案外平気な顔で美味しそうに食べています。

やせ我慢ではなく平気なのが、信じられません!


きっとわさびが苦手な韓国人もいるはずなのですが、

大量にわさびを盛る人達のインパクトが強すぎて、目立たないのでしょう。


大阪の寿司屋さんのニュースを聞いて、

以前から刺身屋さんに行くたびに驚いていたことを思い出しました。。。


ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村


コメント投稿はこちら

Comments 2

There are no comments yet.

華&桜  

No title

初めまして。ブログはいつも楽しく拝見させて頂いています。今回コメントを入れさせて頂いたのは大阪の山葵の件です。既にご存知かと思いますが、他のお寿司屋さんより山葵を多く入れているお店です。それでも山葵を多く要求されたのはテロと書かれた方です。 こちらは、残念ではありますが昔のような感覚では無いのが現実です。

2016/10/12 (Wed) 18:24

takabone  

No title

華&桜さん こんにちは、コメントありがとうございます。 意識的か、無意識かは別にして差別的な言動・行動をしてしまう人は以前からいたと思うのですが、マスコミやインターネットを通して増幅されて全世界に拡散されてしまうのが昔とは違っているのかなと思っています。一旦、こういったことが起きてしまうと 「ネタ」として一人歩きしてしまい手が付けられなくなってしまいます。 残念な状況ですが、そういった意味で私たち自身も以前よりもっと神経質にならないといけないのかもしれません。

2016/10/13 (Thu) 00:16