メルスは今・・・

MERSコロナウイルスが韓国内で広がり始めて、かれこれ1ヶ月半以上経過しています。

テレビでは毎日のように様々な情報が流されていて

今日6/26も感染者が1人増えて、181人になったようです。


死亡者も2人出たそうで。。。

そのうちの1人は、確定判定を受けてから2日後に亡くなったのだそうです。


この患者は、自分がメルス患者と接触したという認識が無いままに

症状が出てからの9日間、病院と薬局をあちこち歩き回ったらしくて、

治療を始めるのが遅かったこともあり、症状悪化につながったようです。


韓国では、診断や治療に納得できずにあちこち病院を渡り歩くことが多いのだそうで、

「ドクターショッピング」と呼ばれるそうなのですが、

今回もまさにそのケース。


該当する病院や薬局を閉鎖したものの、動線を追ってみると

接触可能性のある人が2千人を超えているらしい。

あまりの数の多さに当局も把握しきれない状況のようです。


感染者の増え方から状況は落ち着きつつあるようにも見えるのですが、

このようにまだ楽観視できない状況のようです。


そんな中、私の普段の生活はどうなのかと言うと・・・


確かに、会社の入口に新たにサーモカメラが設置されて、発熱していないかチェックしていたり・・・

構内に消毒用のアルコールボトルが設置されていたり・・・

一人一人に消毒用の小さなボトルが配布されたり・・・

というような変化は感じるものの、

相変わらず、マスクをしている人は咳き込んでいる人くらい。

普通に皆で飲みに行ったりもしているようで、

すっかり今までと変わりない生活に戻っています。


繁華街は人出が激減しているらしいので、影響を肌で感じることができるのでしょうが、

日常生活では、案外実感がわかないものです。


そういったこともあって、万が一感染した時にも「まさか自分は・・・」と

思ってしまうのかもしれませんね。


ニュースなどの報道との温度差が大きくて、実感がわかないのですが、

気を緩めず、落ち着いて行動したいものです。



ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村
コメント投稿はこちら

Comments 0

There are no comments yet.