ユギオとは何か?

韓国へやってきてもうすぐ2年になりますが、

1年目には全く気にしていなかったことに気付くことが多い今日この頃。

今日6月25日は、韓国では육이오(ユギオ)と呼ばれる特別な日なのだそうです。

日本で2月26日を226と呼ぶような感じで、6月25日の625をユギオと呼ぶということみたいです。


で、ユギオが何の日かというと、朝鮮戦争が始まった日

ちなみに韓国では朝鮮戦争のことを、韓国戦争と呼ぶらしい。


韓国と北朝鮮は1948年に成立したのですが、

1950年6月25日に北朝鮮が38度線を越えて侵攻してきたことから戦争が始まり、

3年余りの戦闘の末1953年に休戦して、現在に至る訳です。


確かに、学校では習いましたが・・・

日本史の近現代は、3学期に駆け足でさらっとやるので、本当に表面的な知識だけ。


Wikipediaをちょっと見てみたら、知らないことだらけで驚かされました。

どこまで客観的に書かれているのかよくわかりませんが、

マッカーサーが暴走して原爆の投下まで検討されていたとか、

実は日本も連合国の要請で戦争に参加していて、死亡者まで出ているとか・・・・


その後の復興の過程も含めて

日本と韓国、バックグラウンドが全く違うのだと、改めて認識したのでした。


休戦の状態がもう60年以上も続いていることもあって、

戦争を知らない世代が増えていくなか、

風化させないようにとの取り組みも行われているようです。

P1060276_R

写真展を開いたり・・・

P1060278_R

しかし、ニュースを見ていてもどこか淡々と伝えていて、余り力が入っていないというか・・・

世界情勢に翻弄されて国土が戦場と化してしまった歴史というものを

積極的に伝えていこうというような感じは受けません。


それは、まだ戦争が続いているからなのか?

思い出したくない記憶だからなのか?

・・・韓国歴が浅い私にはよくわからないのですが、複雑で微妙な問題であることは確かなようです。


ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村
コメント投稿はこちら

Comments 0

There are no comments yet.