アモルランとは?

韓国では最近、ネットを中心として

아몰랑(アモルラン)

という言葉が流行しているのだそうです。


直訳すると「ああ、わからない」という意味になり、何のことがさっぱりわからないのですが、


これといった論理がなく主張をしておきながら、

正確な説明を要求すると適当にごまかしてしまおうとする姿を皮肉った言葉
なのだそうです。


Facebookで出てきた話らしくて・・・・

20150624-1


私の拙い語学力で翻訳してみると・・・

A: 我が国は全く理解できない国だ。

  本当に国がていたらくなのに誰を信じて暮らさなくてはならないのか

  未来がもっと心配だ。

B: 我が国が何で?

A: 非理(道理に外れたこと)があまりにも多くて

B: どんな非理

A: わかんない!!!!!! ただ国自体がしゃくにさわってTT


こんな感じです。


とりあえずもっともらしい事を言っているが、実は適当に言っていて

ちょっと突っ込まれると適当にごまかしてしまう。


徐々に流行語となり、CMや広告などでも取り上げられたり、

バラエティー番組でネタとして使われたりしていたそうなのですが、


今回のメルス感染拡大に対する韓国政府の初期対応の姿が、

まさにアモルランという言葉そのものだったことから、更に話題になっているようです。


韓国では、みんな大きな声で自信を持って話すので、押され気味になったりするのですが、

ちょっと突っ込むと実は論点がずれていたりすることもあります。

しかし、明らかに間違っていたとしても間違いと認めず、

体良く話をFadeoutしようとすることがあるので要注意・・・・


何事も勝ち負けで決めてしまう傾向があるようで、絶対に負けは認めたくないのかもしれません。

そういった背景があって、適当にごまかそうとするのかもしれませんね。


そのような人が多いことを嘆く声もまた多い、ということで流行語になったのでしょう。


韓国だけでなく、日本にも蔓延しているように感じる今日この頃です。。。。



ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村
コメント投稿はこちら

Comments 0

There are no comments yet.