悲恋の物語を聞きながら・・・吉祥寺@ソウル・城北洞

2月中旬の日曜日。

マチノアルキの続きです。

最後の目的地へマウルバスでやってきました。

20200216_165947_R.jpg

길상사
吉祥寺
場所はこちら

どうしても「きちじょうじ」って読んでしまいますが笑
「キルサンサ」が正解です!

20200216_170007_R.jpg

元々「大苑閣」というソウルでも有名な高級料亭。
料亭の主人からの寄贈によって寺院になったという
珍しいお寺です。

 料亭の女主人・金英韓(キムヨンハン)は、
もともと裕福な家に生まれましたが、父の死によって
妓生として売られてしまいます。
その後、持ち前の才覚で妓生として成功。
 詩人・白石(ペクソク)と出会い、恋に落ちるも、
白石の家族の反対に遭います。
 白石からの満州への駆け落ちの誘いを断り、
白石は満州へ。その後、南北が分断されて、
生き別れとなってしまいます。
 心の平安を求める内に、法頂僧侶の著書
「無所有」に出会い、料亭の寄贈を決意。
遠慮する僧侶に10年に渡って受け入れを求め
ついに想いを遂げたそうです。

まるでドラマのような悲恋の物語。
マチノさんが見たかのように解説してくれました!

マチノさんのブログに詳しく書いてあるので
こちらをご覧ください!

20200216_170206_R.jpg

カトリック信者の彫刻家に依頼して製作したマリア観音。

20200216_170301_R.jpg

宗教和合の願いを込めて製作したらしいですよ。

20200216_170309_R.jpg

普通の仏像に比べると厚みがないのも
ちょっとびっくりした!!

20200216_173303_R.jpg

極楽殿は料亭を彷彿とさせる佇まいです。

20200216_170409_R.jpg

元々、岩山の合間の渓谷で
清らかな水が流れる梨畑だったそうです。

20200216_171006_R.jpg

点々と配置されている小さな部屋も料亭の頃の名残なのでしょう。
現在は、僧侶たちの修業の場として使用されているそうです。

20200216_171035_R.jpg

雪景色も綺麗ですが、
紅葉の季節もきっと絶景でしょう。。。

20200216_171149_R.jpg

誰が作ったか知りませんが、
冬ソナを彷彿とさせる雪だるまも^^

20200216_171230_R.jpg

奥の方に進んでいくと、
真影閣という建物にたどり着きました。

20200216_171941_R.jpg

中にも自由に入れるみたいで、ちょっと入ってみると・・・
床が暖かくて嬉しい~^^

20200216_172041_R.jpg

2010年に亡くなった比丘法頂を祈念した建物のようです。

20200216_172350_R.jpg

遠くの方に小さくソウルタワーが見えます。

20200216_173421_R.jpg

今回のマチノアルキはこれで終了。
帰りのマウルバスがしばらく来ないみたいで・・・
駅まで歩いて戻ることにしました。

駅まで戻る道すがらは、豪邸が集まっているみたい。
スケールの大きさに度肝を抜かれます!

20200216_174750_R.jpg

何台も入るガレージ。巨大な門の横に小さな勝手口。
庭もとんでもなく広そうですね。
映画「パラサイト」のロケもこの近くで行われたそうですよ!

格差社会の一端を垣間見ながら
駅まで戻り、晩ご飯を食べに行きます!

(続く)

いつも読んで頂いてありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!
↓↓↓


コメント投稿はこちら

Comments 0

There are no comments yet.