[平昌オリンピック(2)] 砂糖いれるべからず!

平昌オリンピック観戦旅行の2回目です。


江陵(カンヌン)駅に到着後、昼ご飯を食べに行きます。

DSC06330_R

駅前の道をそのまま歩いていきます。

街並みは地方都市の雰囲気ですね。

DSC06332_R

取り立てて特徴の無い住宅地を抜けて行くと・・・

DSC06335_R

ありました。ココです!

DSC06336_R

강릉 솔향 막국수
江陵松郷・マッグクス
(場所はこちら→konest, google, NAVER)

DSC06337_R

お店の脇には

韓国語・英語・日本語・中国語で書かれた案内板が設置されています。

店名や主要メニュー・料金が記載されているようです。

DSC06339_R

この形式の案内板は他のお店にも設置されていました!

お店に入る前に詳しい情報が分かるので、

外国人にとっては助かります^^


きっと、オリンピックに合わせて整備したのでしょうね~

DSC06343_R

お店に入るとテーブル席が並んでいます。

駅から少し離れているからか?お客さんはそれ程多くない様子。

DSC06348_R

江陵の名物料理と言えば、前回食べたスンドゥブ(→記事はこちら)や、

ジャガイモで作ったオンシミという料理などが有名なようですが・・・

今回は蕎麦粉で作った麺料理「マッグクス」を頂きます!

DSC06346a_R

マッグクスは、蕎麦粉と澱粉から作られた麺を

ユクス(お肉でとった出汁)の冷たいスープで食べる冷麺。


日本語訳では、「混ぜそば」って書いてありますが、ちょっとイメージ違うかな・・・


江陵のある江原道(カンウォンド)の春川(チュンチョン)の名物料理ですが、

春川だけでなく、江原道のあちこちで食べることができます。

・・・・ソウルでも食べられます(^^;


私はムル(水)マッグクス、他の3人はビビンマッグクスを注文です。

DSC06353_R

胡麻が振りかけられていて良い香りです^^

DSC06355_R

もっちりした感じですが、蕎麦粉ベースなので食べやすいです。


壁には、ご丁寧に食べ方まで掲示されていましたが、

DSC06349_R

砂糖2スプーンを入れる?

そのままでもほのかに甘くて、甘さは十分!

追加の必要はありません~!!


これ以上砂糖を入れたら甘々になってしまいそう・・・

味覚の違いなのかな~?などと思いながら頂きました!


ちょっとだけビビンマッグクスを食べさせてもらいましたが・・・

DSC06356_R

こちらもそんなに悪くない感じ。

ただ、私は一口だけだったので良かったのですが・・・

ずっと食べ続けるとかなりの辛さのようで

辛いモノが平気な3人が・・・

最後にはかなり辛そうな表情になっていたので、相当なものだったのでしょう!



ついでに頼んだのが、

メミルジョンビョン (蕎麦粉の薄皮巻き)

DSC06352_R

社食で食べたことがあるのですが(^^;

実はこのあたりの名物のようです!


社食で食べた時は見た目以上に辛かったのですが、

こちらはそんなに辛くも無く良い感じ^^

お腹もちょうど良いくらいに満たされました^^


お店を後にした後は、再び江陵駅に戻ってオリンピック会場に向かいます~


(続く)



ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村




コメント投稿はこちら

Comments 2

There are no comments yet.

駐在おやじ  

No title

そうそう 砂糖入れますね ただ 時々そういうお店があるって程度ですかね 砂糖と ごま油 入れて食べますが スープの少ない麺の時が多い気がします。   駐在おやじ

2018/03/09 (Fri) 08:23

takabone  

No title

駐在おやじさん こんにちは。コメントありがとうございます。 砂糖を入れるのが定番ってことなんですかね?初めて食べたので良く分かりませんでした・・・ うっすらと甘みもあったので、初めから入っていたのかも・・・

2018/03/09 (Fri) 21:37