穴場のスッカマで楽しむ・・・東灘真炭窯

昨日の続きです。

バスを乗り継いでやってきた東灘(ドンタン)の外れにあるスッカマ・・・

20170319_154508_R

동탄참숯가마

東灘真炭窯(ドンタン チャムスッカマ)
 
(場所はこちら

IMG_20170319_154523HD_R

受付で料金を支払おうとしたら、誰もいなくて・・・ちょっと待ち。

しばらくして、アジョッシ(オジサン)がやってきて料金を支払います。

IMG_20170319_154625HD_R

料金は 大人 10,000ウォン。

チムジル服貸与料も含まれているようです。

IMG_20170319_174359HD_R

料金を支払い、チムジル服とタオル2枚を渡して貰います。

奥の靴箱に靴を入れて、靴箱の鍵を受付に持って行くと

引き替えにロッカーの鍵を渡してくれます。


靴箱の奥に浴室の入口。

右手に男湯、左手に女湯の入口があって、

その先はそのままスッカマスペースに続いています。

IMG_20170319_154636HD_R

入浴後、スッカマスペースへ向かいます。

裸足または靴下のままで行き来できるようになっていました。

IMG_20170319_160154HD_R

窯が7つ並んでいて・・・

IMG_20170319_162349HD_R

右から順番に少しずつ温度が低くなっています。

順番にローテーションしているのでしょう・・・

一番奥の窯が燃焼中で焚き火エリアになっていました。

20170319_164501_R

窯のなかはこんな感じ。

IMG_20170319_160435HD_R

スッカマの良いところは、色々な温度の窯があって

温度をみながら楽しめること。

超高温の窯は下駄を履いて、イスを持参で入っても長時間は無理ですが、、、、

IMG_20170319_163824HD_R

中温~高温くらいだと丁度良い感じで暖まれます^^

IMG_20170319_161248HD_R

喫煙者のために下駄が用意されていて、外に出られるようになっていたので、

ちょっと外に出てみると・・・

窯の裏側を見ることができました。

20170319_161124_R

ゾウの鼻のような排気口が幾つも伸びていて・・・

へぇ~、こんな風になっているんだ!と興味津々(^^)


その後、人が少なくなってきたので焚き火エリアへ・・・

IMG_20170319_170747HD_R

焚き火というには強すぎるくらいの熱ですが・・・

板張りになっていて、そこにみんな座って暖まります。

IMG_20170319_171407HD_R

たまに係員の方が、奥の方の炭を掻き出しにやってきます。

20170319_171224_R

動画も撮ってみました(^^)




みんな思い思いの格好でくつろいでいます。

↓↓↓ おばちゃんくつろぎ過ぎ(^^)
IMG_20170319_171751HD_R


ちなみに動画の最後で、掻き出した炭を

小さな入れ物に入れて持って行っていたのですが、、、


併設されている焼肉屋さんで・・・

20170319_174635_R

焼肉に使うために持っていったみたいです(多分。。。)

一石二鳥とはまさにこのこと!

IMG_20170319_160228HD_R

スッカマエリアの横から直接行くこともできるようです、

IMG_20170319_164208HD_R


必要最小限の施設でしたが、

シーズンオフだったからなのか人が少なめで、ゆったりとできました(^^)

ただ、霊通(ヨントン)からだとちょっと遠いのが難点ですね。。。


さて、夕刻になってきたので帰ることにします。

20170319_174658_R

バス停の目印は何も無いのですが、

降りたところの反対側で待っていたら・・・

20170319_175131_R

やって来ました!

手を上げたら止まってくれて、無事に乗ることができました!


密かに「帰りにバスに乗れるか?」心配だった(←小心者)のでホッとひと息(^^)

楽しい一日を過ごすことができました!


ブログランキングに参加しています。
1日1回ポチッと押して頂けると嬉しいです!


にほんブログ村

コメント投稿はこちら

Comments 0

There are no comments yet.